2009年3月 東京ライブツアーレポート!〜その1〜



3月21日(土) 曇
テレビマンガ主題歌風ソングライブ2009

泰 勇気君のV.S UNIONが主催する「テレビマンガ主題歌風ソングライブ2009inライブゲート東京@恵比寿」に馳せ参じてまいりました(w


↑V.S UNIONのサイトはこちらです。


今回は、TeruTeruさんと友人と3人で東京見物を兼ねて上京♪
恵比寿駅(恵比寿駅の到着音楽って、本当にあの「エビスビール」なのね(笑))より歩いて会場である、ライブゲート東京へ移動。

会場前に到着すると、開演1時間前にも関わらず開始を待ちわびるファンの列。
開始時間が過ぎてもなかなか入場できないというハプニングもありましたが・・・無事に会場へ。受付で、勇気君との約束どおり、写真撮影の許可をいただく。
っていうか、受付で手渡されたのはスタッフステッカーじゃないですか(^^;;;
友人も撮影をお願いしましたが、きっぱり断られました(^^;;;) 思いっきり撮影禁止だったのね。ごめんなさい。

さて、閑話休題。
今回のライブは、V.S UNIONのアルバム「テレビマンガ主題歌風オリジナルソングコレクション」(2008年10月13日発売)を記念してのライブとのことです。

しかも、某別所では某同じベクトルの大イベントも行なわれていたとか・・・そういえば、東京国際展示前はすごい込み具合だったっけ?(w
そんな不安を吹き飛ばすかのような、熱い熱いライブが始まりました(w

前回のライブでは、カーディアンの原作者であり、しかも、坂本美里ちゃんのバースデーイベントのゲストライブだったので、非常に緊張したりしていましたが・・・
今回は勇気君のV.S UNION主催ライブなんで、意外に緊張はしなかったです。
ただ、会場でカブリつきで写真を撮る勇気も無く(w
大人しく2列目を陣取って待っていました♪

ちなみに、今回のライブはMyEOS40Dのメジャーデビュー撮影会♪
本当なら、5DとEF24−105mmF4LISとの組み合わせで・・・と意気込むところですが、ライブの会場での撮影という限定状況の為、以下の事にポイントを絞りました。
  1)狭い、暗い→高感度に強いカメラが必要。
  2)人混み、動きが激しい→中望遠ズーム、手振れ補正、及び、スポット測光が必要。
  3)ライブなんで、人の壁がある。→ノーファインダー撮影の為、ライブビューが使える!

というわけで、僕的カメラチョイスは・・・

EOS40D+EF−S17−85mmF4−5.6ISU+580EX。
予備にEF−S10−22mmF3.5−4.5U。機動性を重視する為、レンズは前者メイン。三脚、脚立はダメなので、手持ちで対応。

ライブがスタートするまでに、会場でストロボのバウンスチェックや、WBのチェック、露出の確認と焦点距離の確認を済ませます。
今回は、たぶんですが、光はスポットライトでカラフルに演出されるだろうし、逆行も十二分に考えられる。スポット測光ではきつそうなので、中央部重点測光にスイッチ。ホワイトバランスはオート、露出もPモードで、露出補正だけをかけ、フレーミングに専念することにしました(w

さらに、もう一つの懸念点として・・・
前回、友人の結婚式での撮影で、ショット数の多さにストロボが熱を持ちすぎてギブアップした苦い経験を思い出し、ストロボの使用も工夫しなければ・・・
一応、単三乾電池を3セット分準備して冷却効果を高める作戦と、ストロボのチャージ数を減らす作戦を練っています(w
後者は光源の具合に左右されるので、一抹の不安を抱きつつ・・・ライブ開始を待ちます。