さよなら下電 〜その2〜

「下津井駅へ着いてから僕ら3人で歩いて行くと瀬戸大橋の本州側の出口の辺へ出てきた。そして公園かどこか?(田之浦の瀬戸大橋高架下の記念公園)に出て記念撮影をした。」

手記の文面ではよく分からないが、下津井駅を出て下津井港添いの県道21号を歩いて行くと瀬戸大橋の高架下にある記念公園にたどり着くことが出来る。その道を3人で歩いて移動したものと思われる。

「しっかりPHOTOして(妙に洒落た表現だ(爆))から歩いて(鷲羽山)ハイランドの南辺りの駅・・・何だったかな?・・・へ出て、そこで下電を撮影した。」

写真から推測するに、鷲羽山駅まで
歩いて移動したものと思われます(w

写真のホームの奥に廃車になった
車両が待合室として利用されて
いるのがわかると思います。
この待合室は鷲羽山駅の名物でもありました(^^
鷲羽山駅へ停車中のモハ103(だと思う)
車両の前と後ろの円盤形のプレートに
それぞれ「ありがとう下津井電鉄」と
「さよなら下津井電鉄」と
書かれていました。

何を思ったか? 線路沿いに歩き出すAちゃん。
下津井駅を目指して移動しようと
したのですが道が分からなかった為
線路沿いを行けばいいじゃないかと(w

まさに「あ〜●」の様な大胆大冒険の開始です!

「下津井駅に(向かって線路沿いを)歩いて戻るつもりが、突然の雨! 仕方なく山肌を駆け下りて(ムチャクチャだよ)道無き道を突き進み他人の迷惑考えずナローゲージの上を突っ走った。(雨の降る中)背後から下電が迫ってくる・・・(力の限り)走って民家の(庭へ飛び込み)前で休んだ。」

本当に当時は若かった(w メチャクチャなことしてますね(^^;;
最初は線路沿いを歩いて東下津井駅付近まで行ったのですが、突然の雨で下津井駅に向かう下りの路線をショートカットし、斜面を無理矢理下り降りた様です。そして、どこからか下電の線路に舞い戻り、歩を進めていると電車の警笛が・・・振り返ると下電が児島から下津井方面に向かって走って来るじゃないですか?!
まさに、「究極●人あ〜○」の漫画の様に背後に迫った下電から逃げるべく全力疾走です! そして、雨が強くなって来た事もあり、下津井駅直前の大きく左へカーブする辺りの左側の民家の庭へ飛び込み雨宿り。その時、速度を緩めた下電の運転手さんの顔が笑顔だったのが印象的でした(^^;
そして、そのまま線路沿いを歩いて下津井駅まで戻りました。

★☆★☆★
このHPの画像の無断での使用、及び転載はご遠慮ください。
Copyright(C)2003 Shin allrights reserved.