再び、下電と逢いに  〜その2〜

今を走り抜ける山陽新幹線。
そして、その高架の下で
静かに眠り続ける下電達・・・

時代の移り変わりを嫌と言うほど
感じた瞬間でした(T^T

朽ち果てた車体に刻まれた錆。
割れ落ちた硝子の数々・・・

永い時を経て尚、何かを伝えている気が
して仕方が無い・・・
そんな何とも言えない気持ちになってしまいました。



ちょっと、職業がら身につけたCG技術の粋を集めて(笑)下電クハ6を蘇らせてみました!
昔はこんな感じだったのかなぁと思いを馳せてみるテストです(^^

ヘッドライトは取り付けステイから察するに、本当はもっと大きかった様ですが
資料がなかったのでメリーベル号のライトを付けてみました(w
モハでは無いのでパンタグラフが無く、自走はしなかった様ですね。
本文作成日・・・2003年10月12日

★☆★☆★
このHPの画像の無断での使用、及び転載はご遠慮ください。
Copyright(C)2003 Shin allrights reserved.